FP試験の勉強法

このページでは、FP試験の勉強法について述べたいと思います。「独学」「通学」「通信」という3つの勉強法の特徴を紹介していますので、「FP試験の勉強をしてみたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

●独学の特徴

他の勉強法と比較して、独学が特に勝っている点は「費用の安さ」です。FP試験の受験勉強にかかる費用は、通学なら「受講料10~15万円+学校までの交通費」、通信なら「受講料5~10万円」が一応の目安になりますが、独学の場合、実質かかるのは市販のテキスト代くらいですから、出費を1万円前後に抑えることも可能です。その他の面で多少苦労しても、できるかぎりお金をかけずにFP試験に合格したいという受験生に向いた勉強法と言えるでしょう。

●通学の特徴

他の勉強法と比較して、通学が特に勝っている点は「受験勉強に集中できること」です。これには、2つの意味があります。1つは、通学の場合、テキストやカリキュラムなど受験勉強に必要なものはすべて、学校が用意してくれるため、受験勉強はそうした雑事に手を煩わされることなく、勉強に集中できるという意味。そしてもう1つは、教室に行けば、多くの受講生がいるため、常にライバルの存在を意識しながら勉強ができるという意味です。裏を返せば、集中力に自信のない受験生などは、通学という勉強法を選ぶと良いでしょう。

●通信の特徴

他の勉強法と比較して、通信が特に勝っている点は「自分のペースで、かつ質の高い学習ができること」です。独学も「自分のペース」で学習ができますが、「質の高い学習」という点では疑問符がつきます。一方、通学は「質の高い学習」はできますが、決められた時間に学校に通わないといけませんので「自分のペース」というわけにはいきません。その意味では、独学の自由さと、通学の質の高さの両方がほしいという欲張りな受験生に、通信という勉強法はぴったりだと思います。

3つの勉強法のうち、どれを選ぶかは、相性の問題もありますし、自由だと思いますが、個人的には「独学」はあまりおすすめできません。そのあたりのことについては、「独学をおすすめしない理由」のページで説明していますので、独学を考えている受験生は、そちらにも一度目を通していただければと思います。

 >>合格率が実証する、最も効果的な勉強方法がコチラ
Copyright(c) 2013 FPの合格率と合格への近道. All Rights Reserved.